研修にはeラーニングシステムを活用|どこでも学習可能

メンズ

経理と連動したコスト管理

オフィス

給与計算システムの導入には、計算機能のみならず、労務管理も同時にできる機能がついていることが望ましいのです。労務管理は残業管理や有休消化状況などですが、意外に工数がかかるのです。そのためソフトを導入する際には、労務管理も視野に入れる必要があります。

もっと読む

自社開発からクラウドへ

レディ

人事給与管理は、人事管理、勤怠管理、給与計算管理の3つのサブシステムから構成されています。システム化については、自社開発よりも既存のパッケージやERPが採用されることが多いのも特徴であり、近年ではSaaSと呼ばれるクラウドシステムを採用して、自社にシステムを置かずに運用する組織が増えています。

もっと読む

リアルタイムの確認が必須

女性

会計システムを導入する企業が増加しています。経理の仕事は変化しつつあり経費の計算だけでなくコスト削減など役割は大きくなっているのです。そのためリアルタイムでコスト管理をできるようにすることが必須であるのです。

もっと読む

研修とネット活用

PCを触る人

会社内の従業員へ教育を行う場合、従来であれば社内で集合研修を行うことや外部の研修に参加させ学習させることが通常であった。これらの研修を行う場合には、一定の人数を集めまとめて教えることが必要になる。また、集合研修を行う場合には従業員の業務を止めてしまうということもあり、都合を合わせることが難しいことがある。これらの問題を解決するものが、eラーニングシステムである。eラーニングシステムでは、インターネットを利用した学習となる。その為、従業員はパソコンなどを用いて自席で学習させることができる。また、一定の場所に集めて学習させる必要がなくなるため、スケジュール調整なども不要になり業務への影響を抑えられる。

eラーニングシステムの活用では、従業員は時間や場所を選ぶことなく学習できる。システムの内容などによっては、社外からインターネットアクセスできれば利用できるサービスもある。また、動画などを活用し効果的に学習できるサービスも出ている。以前は、eラーニングシステムでは文字による学習が中心であった。しかし、最近では動画を含めた学習コンテンツが充実してきており、より効果の高い学習を行えるということがある。eラーニングシステムでは、テストも簡単に行えるということもある。学習後、その内容を理解したかのテストを実施したいケースがある。その場合、集合研修などでは回答内容確認など手間がかかる。eラーニングシステムでは、これらも簡単に行える。