経理と連動したコスト管理|研修にはeラーニングシステムを活用|どこでも学習可能

研修にはeラーニングシステムを活用|どこでも学習可能

男女

経理と連動したコスト管理

オフィス

システムの付加価値

給与計算システムの導入は企業にとって工数削減やミス削減、そして効率化に結びつくものですが、導入時に注意しなければならない点は、労務マネジメントも同時にできる機能がついていることです。給与の計算は勤務実績に応じた計算機能だけで行うことができますが、最も工数のかかる仕事が労務管理なのです。労務管理とは、有給休暇の日数管理や、残業時間や休日出勤状況の確認などが含まれます。この管理は所属の上長が部下の状況を常日頃管理することが常識とされていますが、なかなか手が届かない場所でもあります。会社として一元管理することができれば、労務上のトラブルや問題を未然に防止することができるメリットになります。給与計算システムの選ぶ際には注意したい点です。

労務管理と連動

クラウド型を導入する事が望ましいのですが、人事の給与計算システムだけを行うのであれば、スタンドアローン型の対応でも可能です。クラウド型にすることのリスクは情報漏洩です。個人情報が大量に含まれる給与計算システムはリスクが高く、できる限り社内ネットワークにとどめておくことが理想です。スタンドアローンにすることでそのリスクは皆無になります。またこれれあのデータは経理と情報連携することができます。コスト管理を重視している経理部門では残業コストなどをいかに通常コストに置き換えることができるかがポイントになります。そのため経理上のシステムと連動させることでコスト管理もリアルタイムで行う事ができるメリットを持っています。